サービス 食材

旬の素材を活かす

投稿日:

地元ならではの食材知識と調理技術で

三陸の豊かな漁場が目の前に広がる宮古市。

一番には毎日、新鮮な採れたての海の幸が水揚げされます。

 

旬の食材を一番美味しい時に、一番美味しい調理法で....。

これは調理師にとっては永遠のテーマでもあります。

 

季節によって新鮮な海の食材に恵まれる宮古市。

冬場はタラやサケ、いくら、春先は牡蠣やホヤ、養殖のわかめなどが最盛期です。

 

そんな季節に応じた食材を活かすのも調理師の腕一つです。

 

ホヤの美味しい食べ方は三杯酢?.....。

違います。

当館はホヤは味付け無しで提供します。

 

 

ホヤの旬は4月下旬から5月上旬にかけて。

この時期が最も身が厚く甘みが最高潮の時期です。

そんな時期に水揚げされたホヤを酢に漬け込んでしまったら、この時期しか味わえないせっかくの甘みが台無しになってしまいます。

付け合せの生わかめときゅうりは三杯酢で軽く味付けし、メインのホヤは殻から出して塩水で洗った状態で軽く酢水に付け、そのまま盛り付けします。

こうすることで、ほんのりと甘い旬のホヤを存分に味わうことが出来るのです。

TOPにもどる

 

-サービス, 食材

Copyright© みかわ旅館 【公式】ウェブサイト , 2019 All Rights Reserved.